東京でおすすめの膣縮小クリニック
膣を縮小(膣壁形成)させるための治療方法

閉じる

TOP » 膣を縮小(膣壁形成)させるための治療方法 » サーミVA(高周波)

サーミVA(高周波)

このページでは、サーミVA(高周波)について、効果やマシーンのあるクリニックについて紹介しています。

膣内外にみられる緩みを、メスを使わず改善!定番膣治療法

「サーミVA」は、2015年にアメリカで始まり、今では世界中で取り入れらているデリケートゾーンの高周波治療です。高周波で膣内の壁や皮膚の表面温度を40~45度ほどにしてコラーゲン生成を促すので、痛みもほとんどありません。施術後には、膣が引き締まったような感覚を得ることができます。

また、高周波による温熱作用で血流を活性化。神経シグナルを正常化させることで膣の潤滑を良くして、膣内のPH値も4.5~5.0に近づけるといった膣内環境の改善効果も。これは、ニオイの改善にもつながります。

治療方法としては、スティック状のチップを膣内に挿入、もしくは女性器をなでるようにして高周波を照射します。40~45℃の心地よい熱を感じるぐらいで、刺激などの痛みはなし。もちろん、傷などの心配もありません。1回の施術でも効果は期待できますが、定期的に施術を受けたほうがより効果を実感できるのでおすすめです。

こんな悩みに効果的

女性器にたるみや緩み、黒ずんでいる。大陰唇や小陰唇が大きくぷっくりと肥大していたり、おりものが多くかゆみや乾燥、ニオイが気になる。性交痛、感度の低下、不感症、産後の尿漏れ、入浴後に膣からお湯がもれる…といった症状がみられる方に最適。

効率的な組み合わせ例

クリニックによっては、サーミVAの単独使用だけでなく複数の機器を組み合わせての治療もおこなっています。サーミVAと相性の良い機器といえば、ヴィーナスハイフ(ウルトラヴェラ)とVタイトニングレーザー(インティマレーザー)。ヴィーナスハイフはコラーゲンの分解と再構築を促して膣の緩みを改善します。Vタイトニングレーザーでは、開発会社の独自技術で膣内の奥から引き締めが可能。機種や照射方法の違いで治療効果も違ってくるので、症状や年齢に合わせて他機種と組み合わせるのも効果的です。

マシーンのあるクリニック

症例数で選ぶ!東京で膣縮小できるおすすめクリニック3選 ガーデンクリニック みどり美容クリニック 銀座みゆき通り美容外科

sample_banner3_sp

                女性_水着
患者がバッティングしないよう配慮されている、完全予約制のクリニックをピックアップ。安心して悩みを解決できるクリニックをご紹介します。
症例数の多いクリニックはこちら