東京でおすすめの膣縮小クリニック
膣を縮小(膣壁形成)させるための治療方法

閉じる

TOP » 膣を縮小(膣壁形成)させるための治療方法 » ヴィーナスハイフ/ウルトラヴェラ(超音波)

ヴィーナスハイフ/ウルトラヴェラ(超音波)

このページでは、ヴィーナスハイフ/ウルトラヴェラ(超音波)について、効果やマシーンのあるクリニックについて紹介しています。

世界初の女性器専用超音波治療・ヴィーナスハイフ

ヴィーナスハイフ(V-HIFU)の「HIFU」は、高密度焦点式超音波治療法「Higu Intensity Focused Ultrasound」の略。フェイシャルのリフトアップ治療やボディタイトニング治療では実績も多い治療法です。サーマクールなどの高周波よりも深い粘膜深部に熱エネルギーを送ることが可能で、世界でも初の膣縮小・タイトニング専用マシーンとなっています。

先端の接触部分・トランスデューサーから超音波エネルギーが照射され、膣粘膜表面にダメージを与えることなく筋層まで熱を届けます。この熱によってコラーゲンが分解・再構築され、膣のゆるみを改善していくのです。膣の状態には個人差がありますから、膣内部の厚みに合わせて3種類あるカートリッジの中から適性のものを選んで、より確実なタイトニング効果を発揮。施術可能範囲は、膣の最深部から開口部、尿道周辺も含めた360℃全周と広範囲に対応しています。

術中に痛みを感じることはほぼなく、ダウンタイムもなし。一度の照射で1年ほどの効果の持続を期待できます。もともとはがん治療などにも使われている超音波ですから、エビデンスも豊富で安心して受けることができます。

こんな悩みに効果的

膣の引き締めにはレーザーや高周波を使った方法もありますが、その上の効果が期待できると言われているのが超音波です。ヴィーナスハイフによる治療は、レーザーや高周波での治療ではいまいち効果を実感することができなかった方におすすめです。

効率的な組み合わせ例

ヴィーナスハイフは単品でも効果はありますが、膣の状態によってはVタイトニングレーザー(インティマレーザー)と組み合わせてやると、より効果的なこともあります。ヴィーナスハイフで深部まで照射し、Vタイトニングレーザーで粘膜上皮から粘膜下層に照射することで、より広範囲に温熱効果を出すことができます。1回での治療効果を高めたい人にはぴったりです。

マシーンのあるクリニック

症例数で選ぶ!東京で膣縮小できるおすすめクリニック3選 ガーデンクリニック みどり美容クリニック 銀座みゆき通り美容外科

sample_banner3_sp

                女性_水着
患者がバッティングしないよう配慮されている、完全予約制のクリニックをピックアップ。安心して悩みを解決できるクリニックをご紹介します。
症例数の多いクリニックはこちら